www.ohmystarsmusic.com
とうとう始める時という場面では、第一に下調べをしなくてはいけません。売買を始める前であるならば、起こる事を客観的に観察する事のできる余裕がある。ところが、いったん市場の内側に足を踏み入れるとどう試みても考え方が主観的になりがちで真っ当な見方ができなくなるリスクがあります。そのために自分自身の頭が合理的な状況で間違いない準備する事が必要です。その”準備”とは、とにかく自分なりのシナリオを作成する事から手をつけます。投資環境はこうなるだろうから、ユーロを取引するというふうに自分の物語を描いていきます。次に大切なのは相場を調べましょう。以前のレートの上げ下げを見て現在の値段をチェックします。そうすると、「現在は結構行き過ぎた水準にある」とか、「すでに大方の人が売買しているから、この後遅れて取引しても今となっては間に合わないな」などと見えてきます。当然、すでに取引するのがやりようがないと感じたら、手を出さないで、それは潔くあきらめることか肝心。どう試みてもあなたの筋書きを押し通そうとして、無理に新規エントリーすると、マーケットにやられてしまい、反対にマイナスになる危険があります。もっとも多くのケースで事前に準備しているあなたなりのストーリー展開を描いておくと取引がなすすべがないということにはなりません。実際に相場が変化する前の状況のはずです。その次は、差し当たり自分自身がとろうとする通貨ペアの動きをきちんと調べる事が重要です。例えば円安に向うと推測するストーリー展開を描いたのであれば、該当する通貨の変動に注目しておくことだ。為替相場の上下動を注意を払い始めたときではドル円は誰の眼にも明らかに動く素振りを見せることなく上下に細かい変動を繰り返しているだけでしょう。しかし、その推移を見ていると、あるポイントで少しずつ円安へと市場が動き始めます。このタイミングで初めてドル買いの取引します。おおむね、注意深く準偏を考えておけば、そのエントリーで利益を上げる率は相当高くなるはずです。