www.ohmystarsmusic.com
コンピュータのディスプレイの前に座ってリアルタイムで動いている市場を見ていると、直ちに売買をしなければならないという衝動が沸き起こる方も少なくありません。だが、漠然とした感覚で取引するのは避ける必要があります。分かっていると思いますが、外国為替市場は1日中、常時どこかの国で為替相場は関いているし相場も常時、変動しています。しかし、だからといって何回も取引を繰り返していると、それだけ損をする可能性が上がってしまいます。言うまでもなく、注文の回数を増やすことによって、勝つ確率か五分五分になっていきます。でもこれは「漠然としたアイデアで売買」とは別の話だ。エントリー回数を積むというのは、自分自身が「ここは!」と考える勝機を持った場合の注文回数を積むという事です。ただ、休む間もなく注文を繰り返すのとはかなり違う。市場の戦いに勝つためには己でよく考えて緩急をつけることが必要です。「ここがチャンス」とよく考えた為替相場の時には所持ポジションを積み増して、徹底的に利益を追求します。「ちょっと難解な外国為替相場でどう動くのかわからないな」と思案した時は、執着しないで所有ポジションをひとつ残らず見切りをつけて静観します。それぐらいの緩急をつけた方が、取引は勝てます。外国為替相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。まさにその通りです。為替取引とは、常時ポジションを所持する事が大切ではなく、売買ポジションを持たないで何もしないことも場合によっては取引です。それならば、どういう場面で、休む必要があるのでしょうか。ひとつは、前述したように、最近の外国為替市場がしっかりと理解できない時です。今後どうなるのか決断できない時は思いつきで行動すると、自身で書いたシナリオとは異なった方向に外国為替市場が向ってしまい、損してしまいます。そういったケースではポジションを整理して何もせずに静観しているのが唯一出来る事です。第2に、あなたの健康状態がよくない時です。体調と市場に関係ないと考える方もいるだろうが。実は意外に影響します。体調が変な時は、相場の失敗できない局面で、正しい決定が出来ない場合が多くなります。関心がわかない時は、マーケットから離れる事も肝心な事です。